bigdata_ipac_20160131flyer

ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生/研究者、企業の異分野異業種交流会
〜知と知の触発とデータ活用能力を活かしたキャリア発見〜

開催概要

主催 一般社団法人 知的人材連携センター
共同主催 文部科学省 国家課題対応型研究開発推進事業・科学技術試験研究委託事業「データサイエンティスト育成ネットワークの形成」(統計数理研究所)
共催 日本物理学会、日本天文学会、日本地球惑星科学連合(50学協会)、日本統計学会、生化学若い研究者の会
協賛 電子情報通信学会、人工知能学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本バイオインフォマティクス学会、応用物理学会、統計関連学会連合(6学会)
参加企業 日本アイ・ビー・エム、デンソー、ソフトバンク、NTTコミュニケーションズ、リクルートコミュニケーションズ、日本電気(中央研究所)、構造計画研究所、みずほ情報総研、イオンマーケティング株式会社、株式会社ブレインパッド、国立天文台、株式会社インテージ
運営協力 株式会社アカリク
開催日時 2016年1月31日(日)13:00-(受付開始12:30)
会場 東京大学 本郷キャンパス 山上会館
参加費 学生・教職員は無料(情報交換会のみ有料)※ 企業参加はお問い合わせください。
参加対象 ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生、研究者

【こんな方は、ぜひご参加下さい!】

  • 研究で多量のデータを扱っている。統計解析を行っている。
  • データ解析能力を活かせる仕事に興味がある。ビッグデータや解析に関わる産業界の話を聞きたい。
  • データサイエンティストという仕事に興味がある。データ処理手法に関して異分野・異業種と交流し知見を広めたい。

【多種多様な分野からのご参加、大歓迎です!】

物理学、天文学、地震学、電気電子工学、脳科学、分子生物学、統計学、数学、情報工学(機械学習、人工知能、自然言語処理、データマイニング、ディープラーニングなど)など

趣旨

本イベントはビッグデータやデータサイエンスに関わる学生と研究者に対して、企業の皆様にご協力いただき、能力活用の具体的な事例や求められるスキル等、学生時代の専門と今の仕事をご紹介いただくことで参加者が自身の能力の活かし方を考えるキャリア教育の機会として開催をいたします。また、異分野異業種交流会ということで、データサイエンスの観点から学学間、産学間で情報交換と懇談を行います。

プログラム

12:30- 受付開始
13:00-13:05 開会挨拶
13:05-13:15 基調挨拶
13:15-13:45 基調講演1:情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室 村山泰啓 室長
13:45-14:15 基調講演2:ドワンゴ人工知能研究所 山川 宏 所長
14:25-14:50 参加企業 ショートプレゼンテーション
14:50-15:40 パネルディスカッション
「大学でのデータ取り扱いの経験や知見は活かせるか?研究とデータサイエンス関連の仕事の関係性」
モデレーター:日本統計学会 岩崎 学 会長
15:45-17:45 企業と学生/研究者の座談会
18:00-20:00 情報交換会(懇談会)(任意参加・会費制 社会人5000円 学生1500円)

参加申し込みについて

学生の方

申込フォーム(株式会社アカリク 提供)にてお申し込みください。
※ 参加予約の為キャンセル待ちとなっております

教職員の方

参加予約多数の為、受付を締め切りました。ご了承ください。

企業の方

企業様のご参加につきましては、一般社団法人 知的人材連携センター 事務局までお問い合わせください。
E-mail: ipac@chitekirenkei.org
Tel/Fax: 03-6383-0213